ミニ四駆超速グランプリのローラーおすすめ改造やタイミングについて

ミニ四駆と言えば、80~90年代にブームになった「小型の動力付き自動車模型」と呼ばれるプラモデルです。

子供から大人まで夢中になって遊んだ大人気ホビーの「ミニ四駆」がスマートフォンのアプリとして登場しました!

本記事では、ミニ四駆超速グランプリ(以下超速GP)での『ローラーおすすめ改造やタイミング』についてご紹介します!

 
オススメPCゲーム♪
本格ファンタジーRPGの「RAID SHADOW LEGENDS」がPCで遊べる! 
 
FFのアクティブタイム風バトルを採用した3DRPG!

アメコミ風のキャラを集めてファンタジー世界を冒険します。

バトルはフルオートかつ倍速が設定でき、ゲームの進行によって得られるキャラやボーナス報酬も多いのでテンポ良く進められますよ。

PCだとすぐに遊び始める事が出来るので、一度遊んでみてください!

 

ミニ四駆超速グランプリ攻略!ローラーおすすめ最強改造やタイミングについて

超速GPにおける「ローラー」がもつ性能やおすすめの改造など、ローラーの詳細についてご紹介していきます。

超速GP ローラーについて

あまり目立たないパーツのローラーですが、マシンを安定させて走行させるために、かなり重要なパーツになります。

それでは早速ローラーの種類や改造について触れていきたいと思います!

ローラーの役割

大きさが違ったりゴムが付いてたり付いていなかったりと、様々な種類があるローラーですが、果たしてローラーの役割とはどんなことがあるのか?

まずはローラーがもつ特徴や効果をご紹介します!

走行中のマシンを安定させる

走行中にレーンの壁に当たってバランスを崩してコースアウトしてしまうことを防ぐ効果があります。

ローラーがなくても走行はできますが、コーナーを曲がる際の安定性が無くなりコースアウトしやすくなってしまいます。

コーナーでの減速値を変化させる

コーナー進入から曲がり抜けるまでに起きる減速率を上げたり下げたりさせてくれます。

超速GP テクニカルコース

ローラーにはいろいろな種類があり、大きさや素材の違いなどでより減速をさせたり減速をさせなかったりさせることができます。

ローラーの種類

ローラーにはたくさん種類があるので、ゲームを始めたばかりの時は「どのローラーをつけたらいいんだろう…」と悩んでしまうこともあると思います。

ここからは、ショップで購入できたりミニ四MAPのクリア報酬などで入手できる基本的なローラーの種類やステータスをご紹介していきます!

ステータスの概要

コーナー安定:数値が高いほど速度が出てる状態でも曲がりやすくコースアウトしにくくなる

スタミナ耐久:数値が高いほどレース終盤での耐久不足によるコースアウトを防げる

重さ:数値が低いほどマシンの最高速や加速度が上昇しコーナーでも曲がりやすくなる

スキル

ローラー効き:効き=摩擦を指し、数値が高いと安定性が上がるがマシンは遅くなり、数値が低いと安定性が下がるがマシンは速くなる
ローラー減速:減速=抵抗を指し、数値が高いとコーナリングが遅くなりやすくなり、数値が高いとコーナリングで遅くなりにくくなる

※ご紹介するステータスは無改造状態での数値になります。

コースアウト防止特性ローラー

■ 12mmゴム付きプラ

超速GP 12ミリゴム付きプラ

コーナー安定:79.2

スタミナ耐久:3

重さ:1.3

スキル:ローラー効き3/ローラー減速4

■ 14mm標準ゴム

超速GP 14ミリ標準ゴム

コーナー安定:86.4

スタミナ耐久:3.5

重さ:1.5

スキル:ローラー効き3/ローラー減速4

■ 16mmゴム付きプラ

超速GP 16ミリゴム付きプラ

コーナー安定:93.6

スタミナ耐久:3.5

重さ:1.7

スキル:ローラー効き3/ローラー減速4

■ 19mmゴム付きプラ

超速GP 19ミリゴム付きプラ

コーナー安定:104.4

スタミナ耐久:3

重さ:2

スキル:ローラー効き3/ローラー減速4

コーナー特性ローラー

14mm標準プラ

超速GP 14ミリ標準プラ

コーナー安定:43.2

スタミナ耐久:2.5

重さ:1.4

スキル:ローラー効き1/ローラー減速4

16mm標準プラ

超速GP 16ミリ標準プラ

コーナー安定:50.4

スタミナ耐久:2.5

重さ:1.6

スキル:ローラー効き1/ローラー減速4

ストレート特性ローラー

10mm標準プラ

超速GP 10ミリ標準プラ

コーナー安定:24

スタミナ耐久:2.5

重さ:1

スキル:ローラー効き1・ローラー減速4

12mmセットアップローラーズ

超速GP 12ミリセットアップローラーズ

コーナー安定:37.5

スタミナ耐久:3

重さ:1.2

スキル:ローラー効き1・ローラー減速3

16mm標準プラ2

超速GP 16ミリ標準プラ

コーナー安定:50.4

スタミナ耐久:2.5

重さ:1.6

スキル:ローラー効き1・ローラー減速4

登り坂特性ローラー

10mm標準プラ1

超速GP 10ミリ標準プラ

コーナー安定:24

スタミナ耐久:2.5

重さ:1

スキル:ローラー効き1・ローラー減速4

その他のローラーについて

この他にも、ローラーにはボールベアリングが内蔵されているローラーなどがあります。

超速GP 14ミリプラベアリング

ベアリング内臓ローラーの特徴は、標準のプラやゴム付きローラーに比べコーナーでの減速率を更に下げてくれるので所持している場合はそちらを使用するのがオススメです。

ローラーの改造について

ローラーはモーターやシャーシのようなパーツに比べると、ローラー1つでマシンの速度が上がるというパーツではありません。

特性を活かす改造を施したり、複数個付けることによって本来の性能を引き出してあげることができます。

では、実際にローラーでできる改造にはどんなものがあるのか?そちらをご紹介していこうと思います。

ローラーチェック

ローラー摩擦○/コーナー安定○

超速GP 改造ローラーチェック

ローラー改造の中では最もオーソドックスな内容で、摩擦を強めることでコーナーの安定性を増してくれます。

ローラー摩擦を強める

ローラー摩擦○○/コーナー安定○○

超速GP ローラー摩擦を強める

ローラーチェックの上位互換的な内容となっており、より摩擦値を上げて安定性を追求した改造です。

ただし、ローラーの摩擦が強まることでコーナーの減速率が上がってしまうため速度低下に繋がってしまうのがデメリットとしてありますので注意して下さい。

ローラー摩擦を弱める

スピード○/ローラー摩擦××

超速GP ローラー摩擦を弱める

ローラーの摩擦を弱くすることでマシンの速度を上げてくれる改造になっています。

現環境においてはオススメ改造の1つになっています。

ローラー抵抗抜き

ローラー抵抗○○/コーナー安定○

超速GP ローラー抵抗抜き

摩擦を弱める改造同様、現状のオススメ改造の1つです。

ローラーにかかる負荷を減らしコーナー時に生じる抵抗を小さくすることによって、より速くコーナーを曲がることができます。

ローラー軽量化

重さ○

超速GP ローラー軽量化

ベアリング内臓や径が大きいローラーなどで効果を発揮します。

ローラー自体の重さが軽くなればその分、車体重量も減り速度が上昇します。

オススメ改造とタイミングについて

ここまでローラーの種類や改造項目をある程度紹介してきましたが、総じてどんな改造が良いのか?改造をするタイミングは?

それらについて解説させて頂きます。

改造のタイミング

まず改造をする際、自分の持っているローラーの種類を確認してください。

本記事内でご紹介してきたローラーはあくまでも入手がしやすく序盤から所持している可能性が高いものばかりです。

そのローラーを複数個持っている時点でいくつか改造をしてしまっても良いのですが、序盤では改造をしなくてもなんとか凌げます

では、実際にどんなローラーを入手したら改造をするべきなのか?

ボールベアリング内臓ローラーの入手

超速GP 19ミリゴム付きアルミベアリング

ローラーにベアリングが内蔵されているタイプのローラーになります。

ベアリングが内蔵されているというだけで、速い速度でコーナーを曲がることができます。

★4確定ガシャチケットガシャから入手することができるので入手難易度が高くないのがポイントです。

限定ローラーの入手

超速GP 17ミリゴム付きアルミベアリング

超速GP ローラー用ボールベアリング

「超速・神速」と言ったフェス系ガシャから排出される限定ローラーになります。

限定ということもあり性能は他の通常ローラーに比べ頭一つ抜けていると言った感じです。

限定ローラーを入手したら即改造をしてしまいましょう。

このように、標準ローラーの上位性能を誇る「ベアリング」系のローラーを入手したら改造を行ってしまって問題ありません!

オススメの改造

【ローラーの改造について】の項でも少し触れましたが、ローラーの改造には以下の改造を施すことをオススメさせて頂きます。

●ローラー摩擦を弱める

●ローラー抵抗抜き

この2点の改造をしておけばほぼ間違いないと言えます。

如何にしてコーナーを速く抜けていくかに重点を置いた改造が最速マシンへの一歩になります。

その為、コーナー減速率が上がってしまう「摩擦を強める」と言った改造ではどうしてもコーナリングが遅くなってしまいます。

ただし、コーナーが多いテクニカルコースなどでは逆にコーナー減速率が低いことによってコースアウトしてしまう可能性もあります。

理想は同じ種類のローラーを複数所持し、「高速セッティング用」「コーナー対策用」と言った感じで改造分けできると良いでしょう。

その他のポイント ローラーの位置は?

超速GP マシン全体画

ローラーは基本前後に2つ付けるとバランスの良い仕上がりになることが多いので意識しておきましょう。

フロント・リヤステーウィングの装着によってローラーの装着数をアップできます。

どうしてもコースアウト頻発してしまう場合はローラーの装着数を増やしてみてください!

まとめ

ローラーはコースアウトを防ぎつつコーナーを速く曲がる為に必要なパーツです。

標準のローラーよりもベアリング内臓タイプのローラーの方が性能が高いです。

ローラーの装着数が多いほどコースアウトをしてしまう確立を下げることができます。

最速マシンを作るには、ローラーの摩擦や抵抗値を低くすることを優先しましょう。

様々なタイプのコースに対応できるように色々な改造を施したローラーを用意しておくと攻略が楽になります。

最終的にはコースによって使い分けられるようなタイプのローラーを持てることを目標にしてみて下さい!

 
オススメPCゲーム♪
本格ファンタジーRPGの「RAID SHADOW LEGENDS」がPCで遊べる! 
 
FFのアクティブタイム風バトルを採用した3DRPG!

アメコミ風のキャラを集めてファンタジー世界を冒険します。

バトルはフルオートかつ倍速が設定でき、ゲームの進行によって得られるキャラやボーナス報酬も多いのでテンポ良く進められますよ。

PCだとすぐに遊び始める事が出来るので、一度遊んでみてください!